中古車買取時に必要な書類とローン残債

まず、中古車を売却する時にはいくつかの書類を準備する必要があります。例えば普通自動車を買取依頼するのであれば、自動車検査証(車検証)・自賠責保険証・自動車納税証明書・印鑑証明書と言った書類の他、買取り後の手続き(名義変更など)に必要な書類として委任状などが必要になります。
と言っても、基本的には車検証とともにほとんどのものが一緒に保管されていることが多い為、敢えて自分で準備する必要があるものとしては印鑑証明書だけと言うことも少なくありません。委任状に関しては、買取業者が準備し、契約時にその場で作成できるようなものでもある為、予め何かしらの準備を必要とするというものではないので安心して大丈夫です。
ただし、ローンが残っている状態の場合には他にも準備しなけらば行けないものが増えてきます。ローン会社に対して必要なものを請求することになる為、あらかじめローン会社に売却することを伝えて必要な手続きを行ってもらえるようにお願いしておかないと、実際に買取業者を利用してからしばらく経たないと契約することが出来ないと言うことも起こり得ます。場合によっては一か月近くかかってしまうこともある為、出来るだけ早めに依頼するようにしましょう。
なぜ、ローン残債があるには必要な手続きが増えてしまうのかと言うと、それは「ローン会社が車の名義人となっているから」です。中古車買取依頼自体は誰でも行うことが出来ますが、最終的に契約を決めるためには「名義人の同意」が必要になってしまいます。
ローンが残っている状態でも使用しているのは購入者ですから、購入者が好きなタイミングで中古車買取査定を受けることは出来ます。しかし、契約の段階で「名義が購入者本人では無い」と言うことが分かると、ローン会社に対して「名義変更手続き依頼」をすることになります。この手続きは時として1か月近くかかってしまうこともあると言うことはすでに書いていますが、そもそもこの手続きが拒否されてしまうことがあると言うことも覚えておく必要があります。
名義変更をするためには、現名義者から次名義者に対して名義を変更する旨の書類を作成して陸運局などに提出することになります。つまり、名義者が書類を作成してくれなければ名義変更することが出来ない為、買取業者は買取った車を販売することが出来なくなります。
ローンが残っている状態の場合、「完済しなければ名義変更できない」・「売却金額で完済出来なければ名義変更しない」と言われてしまうことが多い為、必ず事前に対処しておくようにしましょう。

▼LINK▼
車査定のことなら…
車査定マニア
http://nikemashup.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>