買取と下取りとオークションの違いについて

新車を購入する際や、車に乗らないので手放すという場合には、何らかの方法で車を処分することとなります。そこで、多くの人は、何らかの方法で換金する手段を選びます。なぜなら、廃車にするには処分費用が掛かりますが、その分の費用が掛からなくなり、手元にお金が入ってくるというメリットがあるからです。新車を買う人ならば、それを購入資金に充てることが可能ですし、そうではない人でも、余暇や貯蓄に回すことができます。
そして、お金に換える手法としては、買取、下取り、オークションの3つが主な手段として挙げることができます。買取は、中古車買取店に持っていき、車を売却することです。下取りは、新車を購入する際に、ディーラーに買い取ってもらう方法です。オークションは、インターネットオークションで、車を売却する方法です。買取や下取り、オークションの違いは、売り方の違いにあります。どの手段も売り手と買い手が存在しており、結ばれる契約は売買契約ですが、売るためにする手続きが異なるのです。また、実際に得られる金額についても違いが生じることがありますので、手間や得られる金銭などから、この方法がいいと思った手段を利用する必要があります。
まず、最も手続きが面倒ではない手段が、下取りをしてもらうという手段です。その理由は、別のお店に持っていく必要がなく、新車を購入するディーラーにあらかじめ見積もりを出してもらうことができますし、納車の際に古い車を引き取ってもらうことができます。その分下取りは、買取価格が他の手段に比べて下がってしまうことがデメリットでもあります。
最も高く売ることに期待ができるのが、オークションです。なぜなら、中間マージンがないため、中古販売価格に近い値段で売ることができるからです。ただし、オークションの場合は、手続きをすべて自分でしなくてはなりませんし、何か問題が生じた場合も自分で対応しなくてはなりません。その点がデメリットです。
両者の中間に位置するのが買取です。中古車買取店で販売する分の利益を差し引くため、買取価格はオークションに比べて多少下がりますが、市場価格を反映させているため、極端に低くなりません。また、お店に持っていくことで、後の手続きをする必要がないため、手間としては店に持っていくことぐらいです。
以上のように、買取や下取り、オークションでの売買にかかる手間に違いがあります。また、どのくらいのお金が手に入るのかにも違いがあります。したがって、それぞれの違いを意識して利用する手段を選ぶとよいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>